AMY'S

CULINARY ARTIST COMPETITION

The Winner Announcement CAC 審査発表!

Congratulations !

2018年11月14日、料理教室エミーズ(東京・南青山)にて最終審査を開催。
当日は「エミーズで教える『ごはん(白米)を使用した一皿』」
というテーマで、デモンストレーション形式の審査が行われました。
井上絵美と特別審査員の方々による厳正な審査により、
多数の応募者の中から、
第一次、第二次審査を勝ち抜いた
ファイナリスト6名の中からグランプリを選出。
次世代の料理研究家が決定いたしました!!
これから、エミーズでのメイン講師としてデビューして頂きます。

グランプリ中村亜紀(なかむらあき)さん

中村亜紀(なかむらあき)さん

日本とカナダの大学を卒業後、カナダでインターンとして勤務。帰国後、外資企業に勤務し結婚のため職を離れる。育児を終え、築地で通訳やガイド、調理アシスタント、料理講師を勤める傍ら、エコールエミーズに入学。卒業後、さらに活躍の場を広げる。

『驚きすぎて信じられません!私はエコールエミーズに入学したのが去年の秋で、とても遅く料理の世界に入りました。フットワークの軽さと努力だけが取り柄で、技術的にもセンス的にも伸び代だけは誰にも負けないと考えています!全力で皆様に喜んで頂ける料理を指導させて頂きます。』

ハーブサラダ 赤玉ねぎと魚醤のドレッシング~ラオス風~
鶏肉と生姜の炒め煮~カンボジア風~
ライスタピオカ マンゴー添え~クメール風~

特別賞古屋里美(ふるやさとみ)さん

古屋里美(ふるやさとみ)さん

大学卒業後、大手食品メーカーに入社。夫の仕事の関係で退職後、渡仏。
コルドンブルーパリ校にてフレンチの基礎を学び、数々の星付きレストランで修行。出張料理人としての活動経験や、料理アトリエ開催など幅広く活躍。

『受賞できて光栄です。今回は少し緊張しましたが、本当に良い経験をさせて頂きました。今後エミーズで教壇に立って人に教えるという立場になるので、より一層気合いを入れて、今まで培ってきた知識と技術をみなさまにお伝えしていきたいと思います。』

秋刀魚と栗のアランチーニ風 春菊のソース

最終審査員からの総評コメント(敬省略 / 五十音順)

  • 土田 美登世

    土田 美登世

    つちだ みとせ

    フリーエディター&ライター

    お料理に関しては、ファイナリスト全員が素晴らしい仕上りだったと思います。今回は、エミーズの未来、その先の可能性まで考えて審査するという重責で、非常に悩みました。料理って、素晴らしい世界があって、その世界を伝えるには、人となりが必要になります。それができる人は誰か、今後の伸び代や未来というポイントでグランプリを選考しました。

  • 山口 繭子

    山口 繭子

    やまぐち まゆこ

    『ELLE gourmet』
    シニアエディター

    エミーズの後継者選びということで、粒が揃った方々がファイナリストにいるかと思っていたら、それぞれ違う個性的な人が選出されていて驚きました。どの料理も完成度が高く、各々の良さがありました。審査の対象としては、美味しいのは当たり前で、エミーズでなぜ講師になりたいのか、という料理のきっかけや熱意など、ご本人のストーリーを大切に審査しました。

  • 渡辺 紀子

    渡辺 紀子

    わたなべ みちこ

    フードジャーナリスト

    皆さん個性に溢れて、その個性の方向性がそれぞれ違い、この若さで?この経歴で?と各々の技術とお料理の味に驚かされました。また、この6名を選んだエミーズの方々も凄いと思いました。今回、料理を審査するのではなく、講師としての資質を判断するのは、とても難しかったです。最終的には、その方自身が魅力的かどうかという点を大切に審査させて頂きました。

  • 渡辺 雄一郎

    渡辺 雄一郎

    わたなべ ゆういちろう

    レストラン「ナベノ-イズム」
    エグゼクティブシェフCEO

    審査は、エミーズの後継者の襲名ということで、難しかったです。私もエミーズの講師ですし、絵美先生とは長年の付き合いで、私自身の思い入れが強くあります。最後は、エミーズという、この場所に対する思いが伝わってきたので、選考しました。グランプリの方には、エミーズの看板を背負うという責任感を持って、井上絵美を超えるような意気込みで挑んで欲しいです。

井上絵美から
次世代の料理家へのメッセージ

井上 絵美

井上 絵美

いのうえ えみ

料理研究家/
料理教室エミーズ主宰

多数の応募者の中から、第一次、第二次を勝ち抜いたファイナリストの方々の個性やたくさんの魅力に触れることができ、皆さんがこれからの料理の世界で活躍される可能性を強く感じました。エミーズは30年近く前に、青山でスタートしました。当時から目指していたのは「生徒さんの生活を豊かにしたい。幸せにしたい」という想いです。エミーズに通うと、自然と料理の技術が身について、家族に美味しい料理を作る喜びに繋がる。そして、それが自分の自信に繋がって欲しい。そんな想いで、料理教室をスタートしました。エミーズを継承していただく方には、その想いは受け継いで頂きたいと思っています。また新しい感性、才能で、新しいエミーズを盛り上げて頂きたいと強く願っております。

大会の様子1 大会の様子2